一般社団法人東京都昇降機安全協議会

文字サイズ
小
中
大

トピックス

トピックス詳細

2019.06.24
令和元年6月21日付けで昇降機の検査告示283号が改正され、令和元年6月25日より施行されます。

 「昇降機の定期検査報告における検査及び定期点検における点検の項目、事項、方法及び結果の判定基準並びに検査結果表を定める件」(平成20年国土交通省告示第283号)(以下「検査告示283号」という。)は、令和元年6月19日に公布された「建築基準法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令」(政令第30号)により、政令第112条第が改正されたこと及び旧同第129条の2の3が削除されたことなどに伴い、6月21日付けで公布された「地階を除く階数が11以上である建築物の屋上に設ける冷却塔設備の防火上支障のない構造方法、建築物の他の部分までの距離及び建築物の他の部分の温度を定める件等の一部を改正する告示」(国土交通省告示第200号)第31条により、下表のように改正されました。

なお、施行日は、附則により令和元年6月25日です。(判定基準の内容については、変更がありません。)

 

参考:建築基準法の一部を改正する法律に関する国土交通省ホームページ

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/jutakukentiku_house_tk_000097.html

 

○「昇降機の定期検査報告における検査及び定期点検における点検の項目、事項、方法及び結果の判定基準並びに検査結果表を定める件」(平成20年国土交通省告示第283号)(抄)

 

別表第二

 

 

 

(い)検査項目 (ろ)検査事項 (は)検査方法 (に)判定基準

(略)

(十一)

 

 

防火区画貫通部 油圧配管、電線及び作動油戻し配管の防火区画貫通部の状況 防火区画貫通部の措置の状況を目視により確認する。 第112条第19又は令第129条の2の第1項第七号の規定に適合しないこと。

(略)

(略)

 

別表第二

 

 

 

(い)検査項目 (ろ)検査事項 (は)検査方法 (に)判定基準

(略)

(十一)

 

 

防火区画貫通部 油圧配管、電線及び作動油戻し配管の防火区画貫通部の状況 防火区画貫通部の措置の状況を目視により確認する。 第112条第14又は令第129条の2の第1項第七号の規定に適合しないこと。

(略)

(略)

 

 

ページトップへ